バスタイムを利用したボディケア

セルフエステでボディケアを行いたいと考えるなら、心身共にリラックス出来るバスタイムを利用すると良いでしょう。お風呂でのセルフエステならば、忙しくてケアする時間が無いという人でも実践することが出来るはずです。
また、入浴中は体が温まって血行が良くなっている状態ですから、セルフエステでスキンケアを行うには最適だといえます。さらに、リンパの流れも活性化されているため、セルフエステの効果を最大限に高めることが出来るのです。
そして、湯船にしっかり浸かることによって、肘・膝・かかとなどの角質が柔らかくなり、余分な角質を取り除きやすくなります。マッサージなども湯船に浸かりながら行うことで、浮力や水圧の力を上手く利用し効果を倍増させることが可能です。
このように、バスタイムを利用したセルフエステは非常に効果的だといえますので、是非実践してみてはいかがでしょうか。また、キャンドルを使って入浴してみたり、好きな香りの入浴剤を使ってみたりすることで、よりリラックス効果を高めることが出来ます。
リラックスして入浴することでスキンケア効果を高めることが出来ますから、自分なりの入浴法を探してみるのも良いでしょう。そして、湯船にしっかりと浸かって入浴することにより、女性の悩みの一つでもある「冷え」を効果的に解消することが出来ます。
また、湯船に浸かりながらツボ押しを取り入れてみるのもお勧めです。あと、お風呂から上がったら化粧水などでしっかりとスキンケアを行っておくことが重要ですから、忘れないように注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事